メンタルを鍛える


「手法を確立せずにメンタルを鍛えると、トレーダーは成功から遠ざかる」
最近、検証していてやっぱり重要だなと思ったので、わかりやすく書き直してみました。

 

メンタルを鍛えるイメージ

有名どころでいうとこの本とか。

結構長くて理解するのもまぁ大変だったりする。

なので、この記事でもメンタルについて書いたんですが、
もっと具体的に書こうと思ったので、まとめてみました。

 

検証をせずメンタルを鍛えると

話を簡潔にするため、今回は勝率という視点で書いています。

サイコロゲームを例に

 

ルール
————————————–
3以下がでれば、-15000円
4以上がでれば、+10000円
————————————–
※上記のルールは絶対です。

 

用いるサイコロは全ての目は均等に出る、1~6が書いたサイコロです。
このサイコロゲームを50回やってくださいって言われるとやりますか?

やらないですよね。
期待値はマイナスです。

 

期待値 = -15000*(3通り/全6通り) + 10000*(3通り/全6通り)
= -7500 + 5000
= -2500

 

期待値について

確率論において、期待値(きたいち、英: expected value)または平均は、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。
例えば、ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたものである。

 

50回やったら、おそらくマイナス-12万くらいになってます。

ここでお祈りして、
どうにかプラスに持って行こうとを頑張っている人が間違ったメンタルの鍛え方。

いやどう頑張ったて無理っしょ!笑

 

検証後、メンタルを鍛える

先ほどの方法ではどう頑張っても
収益はマイナスに収束します。

なので、勝つ方法を検証しました。

そうすると、収益がプラスになる方法を見つけました。

 

それはサイコロを1~12の目が出るサイコロを使うという方法です。
(もちろん、ルールは守っています。)

ルール
————————————–
3以下がでれば、-15000円
4以上がでれば、+10000円
————————————–

 

期待値を計算してみましょう。

 

期待値 = -15000*(3通り/全12通り) + 10000*(8通り/全12通り)
= -3750 + 7500
= 3750

 

これでこのサイコロゲームを50回やると18万円くらいプラスになります。

もちろん、50回中12回くらいは負けの結果になっていることでしょう。

例えば、直近で1~3の目が連続で10回出た場合、ゲームをやめますか?
この好条件下では続けますよね。

つまり、メンタルを鍛えるということは
検証から得られた自分の勝ち方を信じることです。

 

トレードではここまで話が簡単でない

トレードでは、期待がはっきりと算出されません。

自分の使っているサイコロが
1~12の目サイコロか
1~9の目サイコロか
1~6の目サイコロか

トレードでは「1~?の目サイコロ」です。

検証を続けていき、この「?」の数値のだいたいの範囲を知る事が重要です。
例えば、検証の結果
「?」が3~6だったり、6~9だったり、もしくは15~20だったりするわけです。

この範囲を理解し、恐れず思考を繰り返す
これがメンタルを鍛えるということです。