トレードというゲーム


トレードは確率のゲームである。
これはどのトレーダーも口を揃えていう。
ただ、本当に理解して、実行できているだろうか。

 

理解したつもり

トレードとは確率のゲームであること

全ては確率の事象なのだ。
勝ち負けはランダムに存在する。
いちいち勝ち負けに一喜一憂してはいけないのだ。

損失はゲームの一部であり、利益もまたゲームの一部である。
事象を収束させるためには、ある一定のルールに則ってゲームを進行すべきである。

 

喜んで良い瞬間は一箇所だけ

人間は自分で経験しないとなかなか理解しない生き物だ。
言葉で理解しても、それは理解したつもりになっているだけである。
だから、体に覚えさせる必要がある。

トレードで勝った時は喜んではいけない。
これは周知の通りであるのは間違いない。

そういった良い感情を表に出して良い瞬間は、
出金して銀行にお金が反映したときのみである。

 

勝っている人の多くは、こまめに出金している場合が多い。
まぁ勝ってるから出金してるんでしょうけど笑

いずれにせよ、トレードで勝ったら、勝った分の何%かは常に出金して使った方がいい。
出金することは、勝つ為の秘訣でもあると思う。

 

トレードの恩恵をどこで受けるか

出金しているトレーダーは、
トレードの旨みをお金を実際に使うことによって正の感情を味わう。

一方で、出金していないトレーダーは、
トレードで証拠金が増えた事で正の感情を味わっている場合が多い。

これは大きな違いである。

 

前者は確率の概念を本当に理解したトレーダーであるが、後者はそうでない。

頭で理解したつもりであるが、人間はそんなによくできていない。
人間は感情に支配された生き物だ。

トレーダーも人間である以上、必ずトレードのどこかで旨みを感じているのだ。
潜在意識、顕在意識どちらかかはわからない。
ただ、確率のゲームにおける、個々の事象の良い結果を正の感情として
潜在意識に刷り込まれるのは御免である。

だから、出金してお金を実際使い、そうならないように心がけるのだ。
今のところ、そうする事が、確率のゲームを頭に理解させる方法の一つだろう。